詩吟ユニット「xiè」

詩吟ユニット xiè(シエ)は、詩吟アーティスト恵聖(ケイセイ)とサウンドクリエーター Hagi のユニット。詩吟(歌と尺八伴奏)とコンピューターサウンドが融合。「新しい和の音楽」を創造する。詩吟を現代的にアレンジした新しい音楽

詩吟ユニット「xiè」

日本の伝統芸能である詩吟は、無伴奏(アカペラ)に、琴や尺八で伴奏をつけるのが基本となっている。コンピュータープログラミングによって作り出されたアンビエントなサウンドと融合させる事で、詩吟の新しい可能性を追求している。

詩吟 × Programming Sound の可能性

また、詩吟は主に漢詩や和歌、俳句に日本独特の音階をつけて吟じるものである。だが、「xiè」では恵聖のアイデアによって詩吟の常識に縛られない詩の世界が表現される。

Music Video

ホテル・カリフォルニアをアレンジ × 荒城の月

EAGLESの名曲「ホテル・カリフォルニア」をアレンジ!詩吟「荒城の月」のコラボ

映画「ミッション: インポッシブル」のテーマ曲をアレンジ!詩吟「川中島」とコラボ

ミッション: インポッシブル テーマをアレンジ!日本の伝統音楽

BLOG

CD

をかし xiè (詩吟ユニット)

日本独自の音階を持つ詩吟を、エスニック&アンビエントサウンドにより、壮大かつディープに進化させたCD

ユニット名の「xiè」は、古代中国の伝説の生き物「xièzhì(スィエチー)」を語源としている。「xièzhì」は物事の善悪を見きわめる事ができると言われており、「xiè」の奏でる音楽も真を見極めた音のように、聴く人の心の奥深くまで響きわたるようにと名付けられた。

恵聖(ケイセイ)

詩吟アーティスト 恵聖(ケイセイ)

詩吟の師である父の元に産まれ3歳より詩吟を学ぶ。9歳からは舞も学び始め、共に幼少の頃より全国大会で活躍し数々のタイトルを受賞。1996年にキングレコードよりメジャーデビュー。作曲家の宮下健治氏に師事。後に、ビクターエンターテイメントに移籍。2005年までの9年間は、演歌歌手として活躍していた。

その後、日本の伝統芸能である詩吟や剣詩舞の良さを多くの方達に伝えたいと思い、吟詠・舞踊アーティストとしての活動を再開。童謡の中に詩吟を挟んだ童謡吟にも取り組み、新しいジャンルを確立している。

日本の伝統芸能を伝えながらも、詩吟の新たな可能性を模索。異なる様々なジャンルのアーティストとコラボレーションを行っている。幼稚園や学校、福祉施設等でのワークショップやコンサートも積極的に行っている。

詩吟ユニット エピソード

恵聖との出会い

上京して音楽の仕事を少しづつやり始めていた頃、知り合いから「これ聴いて!」とカセットテープを渡されました。衝撃的な声の存在感と圧に涙が出ました。それが、恵聖の詩吟でした。正直、詩吟の上手い下手は、僕には分かりません。でも感動しました。

同じ頃、その知り合いは、恵聖に僕の音楽も聞かせていました。その場で「僕のサウンドを伴奏に吟じてみたい!」と言ってくれたようです。そして恵聖から連絡をいただき、彼女のCDリリースの為の編曲を行いました。

xieの誕生

CDのリリース後、「一緒にライブをしませんか?」と恵聖からよく連絡をもらいました。だけど、毎回断っていました。僕は音楽制作は得意ですが、演奏家ではないので、ライブをするのは気乗りしなかったんです…。でも、しばらくするとまた誘ってくれました。

当時、アカペラで伝わる中国の伝承歌を、僕がコンピューターサウンドでアレンジする仕事をしていました。そんな変わった依頼がなぜか多く、やってみると楽しいのです。伝統的な音楽を新しい形にしている感覚がありました。

詩吟も伝統的な音楽です。最初は、どうして同じような依頼があるのだろう?という気持ちでした。でも、熱心に誘っていただいているうちに、『これが自分の道』かもしれない!という想いが湧いてきました。

すでにあるものをサウンドで演出する事が得意だと感じていたので、自分の特技を活かせるのは、幸せなことかもしれない。そう思うようになりました。そして、七夕の日、一緒に出演しました。それが、xieの初舞台です。そして、恵聖との音楽活動がはじまりました。

伝統音楽「詩吟」

伝統音楽「詩吟」、多くの日本人は、その音色を知らないです。僕が初めて恵聖の詩吟を耳にした時、思い描いていた地味で単調なイメージは見事に裏切られました。そこには、力強くて美しい情緒溢れる日本の響きが潤い満ちていて、ただただ涙が溢れました…。

この美しい「詩吟」を一人でも多くの人に伝えたい。という恵聖の想い。そして、この感動を新しいカタチで楽しんでもらいたい。という僕の想いが、xièを誕生させました。xièの新しいサウンドで、日本人を驚かせたい。外国人を楽しませたい。

2013年より尺八奏者 田野村 聡をサポートメンバーに加え、これまで以上にxièのサウンドが豊かになりました。今後も、多くのアーティストを加え、さらに美しく力強く xièのサウンドを進化させます。

活動実績

2007

2006

メディア出演

Pick Up

音楽制作・出演の依頼はこちら